茨城セキスイハイムTOP > 住まいのABCコラム > 住まいのお役立ちコラム > Vol.047|ウォルナットの一生ものの家具を基点に

住まいのABCコラム

毎月更新、茨城セキスイハイムの住人たちがナビゲート!住まいのお役立ちコラム

プロフィールを見る

コラム

NEW Vol.047 ウォルナットの一生ものの家具を基点に

ジョージ・ナカシマをご存知でしょうか。
ジョージ・カツトシ・ナカシマ (George Katsutoshi Nakashima/日本名:中島 勝寿/1905年 - 1990年)は、アメリカの家具デザイナーで建築家。日本人ジャーナリスト中島勝治の長男としてワシントン州スポケーンに生まれ、長じては建築家としてフランク・ロイド・ライトとともに仕事をするなどの活動を経て、家具デザイナーになりました。

ジョージ・ナカシマの美しいウォルナット家具から

その代表作にラウンジアームチェアがあります。自らをウッドワーカー(木匠)と称したジョージ・ナカシマが、自然界で長い年月を経て育まれたウォルナットという樹木の美しい木目と色彩を、類まれな建築学的デザイン力で組み上げた逸品。「一生ものの家具」という呼びかたにふさわしいチェアです。

最近のコラム一覧

  • NEWVol.047

    ウォルナットの一生ものの家具を基点に

  • Vol.046

    折り紙のはなし

  • Vol.045

    小さいころから家事を手伝わせよう

  • Vol.044

    豊かさを楽しむ照明

  • わが子を最高にかわいく撮りたい!

    Vol.043

    わが子を最高にかわいく撮りたい!

ページの先頭へ